開催にあたってのご挨拶

国際IT資産管理者協会(以下 IAITAM)は、世界中のあらゆる業界のあらゆる規模の組織において、IT資産管理(ITAM)、ソフトウェア資産管理(SAM)、ソフトウェア・ライセンス最適化(SLO)、およびIT資産管理のライフサイクル・プロセスに様々な側面から関与している個人と組織の専門家のための協会です。
仮想化テクノロジーの進化やマルチクラウド化により、ますます複雑化するIT環境におけるクラウド契約やライセンス契約など、IT資産管理の対象となる契約は増加しています。契約で定められた利用条件は、複雑なIT環境においてリスクのジグソーパズルのようになり、ライセンス運用の難しさを逆手に取ったベンダー監査と、監査を利用したクラウド移行戦略がユーザー企業を苦しめています。 IT資産管理により実現可能なガバナンスは、ライセンスコンプライアンスや契約の最適化を左右するベンダー管理、正確なバージョンコントロールによる脆弱性対策などセキュリティや、適切なコスト配布を実施するための課金(チャージバック)管理のためのIT管理会計など非常に幅広い分野が考えられます。
コンプライアンスとは、まずは契約順守であり、契約順守を実行するためには契約条件を理解し、条件を順守する運用を設計することが必須です。さらに、増殖し、複雑化する契約をコントロールするためには、ライセンス契約を統合することでスリム化し、サービスにマッピングされる構成管理による可視化が不可欠です。そして、構成アイテム(CI)としての構成資産の単価を積算して正確なコスト配布を実現することが可能となります。これにより IT投資の実情を明らかにし、利用価値の高い IT資産に対する投資計画を現実的なデータをもとに経営者に提示することが可能となります。IAITAM ACE JAPAN 2018では、これらを実現するために、国内外におけるIT資産管理の最新情報をご提供させていただきます。
IAITAM ACE (年次カンファレンス&展示会)は2002年秋に初めて米国で開催された、IT資産管理に特化した世界で唯一のカンファレンス・展示会として、増大する各界の要望に応える形で年々規模を拡大、世界各地からの参加者を迎えて、教育や講演、実践的なセッションや展示により、参加する実践者(プラクティショナー)、CXOや関係者にアドバイスとベストプラクティスの場を提供し続けております。 本カンファレンスの趣旨をご理解賜り、是非ともご参加くださいますよう、お願い申し上げます。

国際IT資産管理者協会(IAITAM)日本支部長 武内 烈

IT資産管理情報誌

ITAK

プレスの皆様へ

開催概要

名称 「IAITAM ACE JAPAN 2018」
IT資産管理 カンファンレンス

『IT資産管理システムの三大要素 = 契約・財務・在庫』
~契約書/発注書/資産・ライセンスの関係性をコントロールしガバナンスを獲得~
日時 2018年10月24日(水)10:00より
会場 御茶ノ水ソラシティ カンファレンスセンター ( » 会場HPはこちら
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台 4-6
参加費 IAITAM会員/30,000円、 非会員/50,000円
定員 250名(事前登録制)
主催 国際IT資産管理者協会(IAITAM)日本支部
協賛 順次記述
プラチナ・スポンサー 日本マイクロソフト株式会社
ゴールド・スポンサー ウチダスペクトラム株式会社
エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
フレクセラ・ソフトウェア合同会社
シルバー・スポンサー Ivanti Software株式会社
SCSK株式会社
NTTテクノクロス株式会社
株式会社GRCS
Snow Software Singapore Pte. Ltd.
SoftwareONE Japan 株式会社
ディーアールエス株式会社
デロイト トーマツ リスクサービス株式会社
株式会社日立システムズ
展示スポンサー 株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック
メディア・スポンサー 株式会社MM総研
株式会社 テクノ・システム・リサーチ
(五十音順)

アクセスマップ

御茶ノ水ソラシティ
カンファレンスセンター

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台 4-6

  • JR 御茶ノ水駅 港聖橋口より徒歩1分
  • 東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅 B2出口[直結]
  • 東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅 出口1より徒歩4分
  • 都営地下鉄新宿線 小川町駅 B3出口より徒歩6分