セッション紹介

セッション詳細

10:00-10:30

【ご挨拶】『一つのIT環境。一つのマネジメントシステム』

- 講演者略歴 -

国際IT資産管理者協会(IAITAM)日本支部長 武内 烈

資格: ITIL Expert 、IAITAM 認定講師 (国際IT資産管理者協会)

IT業界では主に外資系ソフトウェアメーカにおいて約25年間の経験を持つ。
技術的な専門分野は、ネットワークオペレーティングシステム、ハードウェアダイアグノスティック システム、ITマネジメントと幅広い。大手外資系IT企業ではプロダクトマーケティングスペシャリストとして、ITマネジメントの分野で、エンタープライズJavaサーバー(WebLogic、WebSphere)、SAP、Oracle、ESB(Enterprise Service Bus)などからWeb Serviceテクノロジーまでの管理製品を手掛ける。
IT 資産ライフサイクル管理プロセス実装のためのAMDB・CMDB 製品開発プロジェクト、データセンターのCMDB およびワークフローの実装プロジェクト、IT資産管理(クライアント環境) MSP のサービスプロセスの開発・実装プロジェクト(CMS/サービスデスクを含む)、ライセンス管理のためのSAMプロセスおよび自動化テクノロジー (CMS/サービスデスク)の設計・実装プロジェクトなど多数のプロジェクト経験を持つ。
IT資産管理のポリシー、プロセスを、どのように自動化テクノロジーに結び、ITサービス管理戦略やロードマップとの整合性を取りながらIT資産管理プログラムを実行性の高いものにしていくのかのコンサルティングを得意とし、大手組織におけるIT資産管理プロセスとサービス管理プロセスの統合プロセス設計、自動化設計、実装プロジェクト、IT資産管理プログラムの運用教育の実績多数。

武内 烈

 

10:30-11:15

【基調講演】『東京スター銀行IT戦略部の選択と集中』
~経営リスクとなりうるIT資産管理を担保するためのソーシング戦略~

ビジネスへの寄与の期待が高まるIT部門にとって、取り組むべき課題は山積している。IT戦略部として、Fintechへの対応、新しいIT基盤をベースにした働き方改革、高度化するセキュリティ対策などリソースが要求される課題は多い。一方で、コンプライアンスやともすれば経営リスクともなりうるライセンス監査対策なども少ないリソースでコントロールしなればならない。ますます複雑になるライセンス体系も考慮するとExcel での管理にも限界が見えてきた。IT資産管理業務プロセスをアウトソースするパートナーとの期待のすり合わせも一朝一夕にできることではない。
本基調講演では、東京スター銀行 IT戦略部の吉原部長からこれらの課題への取り組みについてご紹介いただきます。

- 講演者略歴 -

株式会社東京スター銀行 IT戦略部長 吉原 丈司

コンサルティング会社で約8年にわたり金融機関向けのサービスに従事。その後、外資系金融機関、大手SIerを経て、2012年に入行。戦略企画部でシステム投資予算管理、大規模プロジェクトのPMO等、ITと経営との繋ぐ役割を担当し、2015年9月より現職に就任。

吉原 丈司

11:15-12:00

【特別講演】『サイロ化されたシステムやサービスを “横ぐし” でコントロールするIT資産管理』
~デジタルビジネスを支援するための IT部門に求められる 「人・プロセス・テクノロジー」~

「IT部門こそがデジタルビジネスを推進するという役割を持つべき」というユーザー部門からの期待が高まっている。課題が山積するIT部門にとって、デジタルビジネスを推進するための戦略的なIT環境へのトランスフォーメーションが求められている。実現のためには、サイロ化されたシステムやサービスに潜むリスクや無駄なコストをコントロールするために、IT環境や組織を横断するコントロールをIT部門が獲得しなければならない。本特別講演では、IT資産の横断的コントロールを実現するために不可欠な「人・プロセス・テクノロジー」の基本に返って重要なポイントを解説します。

- 講演者略歴 -

ウチダスペクトラム株式会社xフレクセラ・ソフトウェア合同会社

ウチダスペクトラム株式会社 常務執行役員 ITAMサービスグループ担当 紀平 克哉

NPOソフトウェア資産管理コンソーシアム(SAMCon)、一般社団法人 IT資産管理評価認定協会(SAMAC)、一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)ソフトウェア資産管理評価検討委員会などIT資産管理に関する関連団体でも活動、ユーザー企業のIT資産の契約・調達から管理までIT資産ライフサイクルの業務支援(マネージドサービス)に多くの実績を持つ当分野におけるリーデイングカンパニーの実務責任者。

フレクセラ・ソフトウェア合同会社 営業部 シニア事業開発マネージャー 西浦 詳二

ソフトウェア産業、電気電子産業、および通信事業における事業・サービスの企画、導入に一貫して従事し、技術潮流や産業構造の変化をとらえた事業化の実績多数。日本ヒューレット・パッカード、ボーダフォン(現ソフトバンク)、野村総合研究所等を経て2016年から現職。

紀平 克哉

西浦 詳二

セッション1:13:30-14:10

トラックA

『ライセンス状態の可視化を実現するためのタスクとは?』

ライセンスは、同製品でも契約条件により収集インベントリが異なります。契約‐購入‐ライセンス条件‐使用権を紐づけ処理し、割り当てをデバイス、ユーザあるいはVMなどに行い、管理メトリクスに応じたインベントリ突合することが求められます。これらの情報をシステムに集約するために業務プロセスを再設計し、ベースラインを構築し、変更管理してコンプライアンスを維持します。本セッションでは、複雑なタスクの詳細と、アウトソースすべきタスクを解説します。

- 講演者略歴 -

ウチダスペクトラム株式会社 プロフェッショナルソリューションサービスオフィス ITAMサービスグループ サービスマネージャー 稲毛 智

CSAM(認定ソフトウェア資産管理者)、CHAMP(認定ハードウェア資産管理者)資格保有者。
ユーザ企業にてデータセンターにおけるIT資産管理業務設計および運用を経験。CMDB(構成管理DB)を運用し、自社データセンターのIT資産管理の取り組みを推進した実績を持つ。
ITAM統合ライフサイクルサービスの運用マネージャとして大手組織のソフトウェアライセンス契約書の棚卸、ライセンス条件に基づいたライセンス割り当て処理、ベースライン構築、内部監査レポートの生成、コンプライアンス状態の評価、ライセンス最適化運用改善などのサービスに携わっている。データセンター管理の経験から、IBM、Oracle、SAPが稼働する仮想環境(VMWareなど)のリソース割り当てなどをライセンス契約条件と照らし合わせて適切な環境構築の提案が顧客からも好評を博している。

稲毛 智

トラックB

『クラウドサービスとソフトウェアライセンスの運用』

ソフトウェアの仮想環境での利用やクラウド環境によるユーティリティー化が進み、使用許諾条件と契約が更に複雑化する中で、保有資産を有効に管理・活用するアプローチを考える。

- 講演者略歴 -

フレクセラ・ソフトウェア合同会社 営業部 シニア事業開発マネージャー 西浦 詳二

ソフトウェア産業、電気電子産業、および通信事業における事業・サービスの企画、導入に一貫して従事し、技術潮流や産業構造の変化をとらえた事業化の実績多数。日本ヒューレット・パッカード、ボーダフォン(現ソフトバンク)、野村総合研究所等を経て2016年から現職。

西浦 詳二

トラックC

『デジタルビジネスを推進する IT部門に求められる IT資産管理のケイパビリティ』

近年の経営環境や IT環境の変化、活発化するライセンス監査に伴い、IT環境のガバナンスとコントロールの重要性が高まっています。マルチクラウド化により、ますます複雑化する IT環境のコントロールを可能とするための「構成管理」。しかしながら、現状多くの日本企業で構成管理を実現できていません。実現を阻む、「組織横断的なIT資産管理の不在」という問題があるのです。本セッションでは、数々の企業に対する IT業務改革のご支援の経験を基に、構成管理の成熟度を大幅に向上する「IT資産管理」の課題を紐解き、戦略的な構成管理の実現に向けたIT資産管理のポイントをお伝えします。

- 講演者略歴 -

株式会社野村総合研究所 システムコンサルティング事業本部 ITマネジメントコンサルティング部 主任コンサルタント 宮田 悠也

システム開発会社にてBtoBの基幹業務システム等の開発・運用を経験。その後、2015年からNRIにて、IT資産管理、運用標準化、ITセキュリティ監査などのITマネジメント領域全般のコンサルティングに従事。

宮田 悠也

セッション2:14:25-15:05

トラックA

『サーバー系国内外監査対応の実例と契約、購買情報の一元化の必要性』

近年、日本でも非常に活発になってきているSWライセンス監査に対するチャレンジと知見の必要性を過去の実経験をもとに紹介。また、その際必要になる、保有権利情報(契約、購買情報)をどのように一元化、可視化、管理していくべきか?グローバルでのSW購買統合の動きも見据えた一元、可視化とは?

- 講演者略歴 -

SoftwareONE Japan 株式会社 ソフトウエア資産管理部 SAM コンサルタント 兒玉 隆二

SoftwareOne SAMコンサルタント
オーストラリア在住
米SWベンダーでのプリセールスを経て、日本、APACでのSW資産管理のアドバイザリーに従事
• 国際IT資産管理者協会 (IAITAM) 認定
ソフトウェア資産管理者(CSAM)
• マイクロソフト認定テクノロジー スペシャリスト (MCTS)
ソフトウェア資産管理 (SAM) の設計、評価、最適化
• FlexeraSoftware認定
オペレーションコンサルタント
実装コンサルタント

兒玉 隆二

- 講演者略歴 -

サービス事業本部 ライセンスアドバイザリー部 ソリューション コンサルタント 高島田 正哉

SoftwareONE Japan 株式会社 Oracle ソリューションコンサルタント
Oracle JapanおよびOracle US本社にて、サーバー系データベースの開発マネージメント。その後、ライセンスポリシーの日本への展開や複雑な契約の構築など、コンプライアントなOracleビジネスの展開に従事。
2014年よりSoftwareONE Japanにて、Oracleユーザへのライセンス最適化のためのコンサルテーションを提供。

高島田 正哉

トラックB

『組織におけるIT資産管理を発展するための達成モデルとは』同時通訳あり

IT資産管理(ITAM)およびソフトウェア資産管理(SAM)の分野が20年以上も存在しているにも関わらず、数少ない企業だけがコスト削減やリスク低減に繋がる最適な結果を実現し、達成モデルの最高レベルまでに発展しています。当セッションでは、従業員、プロセス、技術、ビジネスへの影響の観点からITAM/SAMの達成モデルについてご紹介します。また、組織におけるITAMへのアプローチをどの様に洗練できるかをお教えします。既にITAM/SAMプログラムを始めているかいないか関係なくこれからの投資を正当化するために採用できます。

- 講演者略歴 -

Ivanti Software株式会社 ITAMエヴァンゲリスト パトリシア・アダムス

パトリシア・アダムス氏は、IT業界において21年以上の経験をもつ業界エキスパートです。前職では、ガートナー社のグローバルでのITハードウェア・ソフトウェア資産管理ツールおよびベストプラクティスにおけるリサーチ部門のリサーチディレクターでした。ガートナー社での在職中に750社以上の様々な業種と地域の企業とITAM/SAMの課題について演説されていました。

パトリシア・アダムス

 

トラックC

『ライセンス監査対策、ライセンス契約交渉に不可欠な管理メトリクスとは?』
~Microsoft、Oracle、IBM、SAPライセンス管理システム構築のポイント~

統合、仮想化により複雑化するデータセンター環境。IT環境が複雑化し、それに伴いサーバーソフトウェアのライセンス体系も複雑を極めている。ライセンス体系やライセンス契約書を理解し、それらの関係性を管理することで、購入した使用権をVMに割り当て、それぞれのライセンス条件に基づいた管理メトリクスでインベントリを収集し、突合することが可能となる。本セッションでは、契約書の関係性からライセンス使用権の割り当てまでの紐づけなどシステム構築の重要なポイントを解説します。

国際IT資産管理者協会(IAITAM)日本支部長 武内 烈

資格: ITIL Expert 、IAITAM 認定講師 (国際IT資産管理者協会)

IT業界では主に外資系ソフトウェアメーカにおいて約25年間の経験を持つ。
技術的な専門分野は、ネットワークオペレーティングシステム、ハードウェアダイアグノスティック システム、ITマネジメントと幅広い。大手外資系IT企業ではプロダクトマーケティングスペシャリストとして、ITマネジメントの分野で、エンタープライズJavaサーバー(WebLogic、WebSphere)、SAP、Oracle、ESB(Enterprise Service Bus)などからWeb Serviceテクノロジーまでの管理製品を手掛ける。
IT 資産ライフサイクル管理プロセス実装のためのAMDB・CMDB 製品開発プロジェクト、データセンターのCMDB およびワークフローの実装プロジェクト、IT資産管理(クライアント環境) MSP のサービスプロセスの開発・実装プロジェクト(CMS/サービスデスクを含む)、ライセンス管理のためのSAMプロセスおよび自動化テクノロジー (CMS/サービスデスク)の設計・実装プロジェクトなど多数のプロジェクト経験を持つ。
IT資産管理のポリシー、プロセスを、どのように自動化テクノロジーに結び、ITサービス管理戦略やロードマップとの整合性を取りながらIT資産管理プログラムを実行性の高いものにしていくのかのコンサルティングを得意とし、大手組織におけるIT資産管理プロセスとサービス管理プロセスの統合プロセス設計、自動化設計、実装プロジェクト、IT資産管理プログラムの運用教育の実績多数。

武内 烈

セッション3:15:20-16:00

トラックA

『セキュリティ強化を目的としたIT資産管理の再構築事例』

国内売上シェアNo.1のベッドメーカー「フランスベッド」は、セキュリティ強化を目的にIT資産管理を再構築しました。
・再構築を決めた理由は?
・新たな投資について、経営層へはどのようにアピールしたのか?
・再構築に当たって苦労した点は?
・再構築した結果、現在の状況は?
再構築の指揮を執った責任者に、ディーアールエスのコンサルタントがインタビューします。

- 講演者略歴 -

フランスベッド株式会社 管理本部 管理部 部長 長田 明彦

・1989年、フランスベッド株式会社入社。予算編成、予実差異分析、業績評価など管理会計を担当する管理部予算課に配属。
・社長室経営企画課を経て、2004年3月に設立した持株会社フランスベッドホールディングス株式会社に出向。財務会計業務を担当。
・2010年、フランスベッド管理部副部長に就任。傘下の情報システム部門を担当し、2013年に開始した「メディカルサービス業務システム構築プロジェクト」の事務局長を兼任。情報の活用による生産性の向上と、高まる情報漏えいリスクを軽減すべき情報セキュリティの再構築に取り組む。
・2012年、管理本部管理部長に就任(現職)。

長田 明彦

- 講演者略歴 -

ディーアールエス株式会社 ソリューション営業室 室長 甲斐 佳子

・2003年、ディーアールエス株式会社入社。
・IT資産の実地棚卸業務の体制整備や、棚卸実務の合理化、運用管理データベースの整備、営業推進など、IT資産管理に関連する業務に幅広く従事。
・2009年からは、IT資産管理のコンサルタントとして、上場企業から中堅企業まで、幅広い層の企業に対してIT資産管理体制の構築を支援。きめ細かいヒアリングによる現状分析を重視し、お仕着せの方法ではなく、顧客の現状を踏まえた、現実的で持続可能な管理、運用体制の構築が信条。
資格:CSAM(認定ソフトウェア資産管理者)、CHAMP(認定ハードウェア資産管理者)

甲斐 佳子

トラックB

“WHY, WHAT, HOW”  ~ソフトウェア資産管理の成熟度と課題、成功事例について~ 逐次通訳あり

なぜソフトウェア資産管理が必要なのか?その投資対効果を最大限に引きだすためには何をすべきか?どのように実行すべきか?ソフトウェア資産管理の成熟度を、1.混沌(未管理) 2.後追い管理 3.コンプライアンス 4.最適化 5.戦略的管理 に分類した上で、各段階の実態と課題を明らかにし、組織における四大要素である人材、プロセス、テクノロジー、データの観点から、多くの顧客事例を含む解決策を提示します。

- 講演者略歴 -

Aspera GmbH International Sales 営業統括責任者 アレクサンダー ローデンケンパー

IT業界で20年以上の経験を有し、2013年のAspera入社以来、多くの顧客のSAMプロジェクトをリーダーとして成功に導く。Asperaのドイツ本社において、米国とドイツを除くインターナショナル部門の営業統括責任者。現在、ドイツ以外のヨーロッパ域内各国とアジア・パシフィックを重点地域として活動中。

アレクサンダー ローデンケンパー

トラックC

『ソフトウェアライセンス最適化システム要件定義』
~Microsoft、Oracle、IBM、SAPライセンス管理システム要件のポイント~

ライセンス管理のためにはマスター契約、保守契約、購入情報、ライセンスエンティティ、使用権、ライセンス割り当て処理、VMおよび物理サーバーキャパシティ・仮想環境情報とリソースの割り当て、自動化インベントリなど対象となるソフトウェアのライセンスモデル、エディションなどにより管理メトリクスが異なります。これらを考慮してRFPのたたき台をIAITAMがご提供し、ポイントを解説します。

国際IT資産管理者協会(IAITAM)日本支部長 武内 烈

資格: ITIL Expert 、IAITAM 認定講師 (国際IT資産管理者協会)

IT業界では主に外資系ソフトウェアメーカにおいて約25年間の経験を持つ。
技術的な専門分野は、ネットワークオペレーティングシステム、ハードウェアダイアグノスティック システム、ITマネジメントと幅広い。大手外資系IT企業ではプロダクトマーケティングスペシャリストとして、ITマネジメントの分野で、エンタープライズJavaサーバー(WebLogic、WebSphere)、SAP、Oracle、ESB(Enterprise Service Bus)などからWeb Serviceテクノロジーまでの管理製品を手掛ける。
IT 資産ライフサイクル管理プロセス実装のためのAMDB・CMDB 製品開発プロジェクト、データセンターのCMDB およびワークフローの実装プロジェクト、IT資産管理(クライアント環境) MSP のサービスプロセスの開発・実装プロジェクト(CMS/サービスデスクを含む)、ライセンス管理のためのSAMプロセスおよび自動化テクノロジー (CMS/サービスデスク)の設計・実装プロジェクトなど多数のプロジェクト経験を持つ。
IT資産管理のポリシー、プロセスを、どのように自動化テクノロジーに結び、ITサービス管理戦略やロードマップとの整合性を取りながらIT資産管理プログラムを実行性の高いものにしていくのかのコンサルティングを得意とし、大手組織におけるIT資産管理プロセスとサービス管理プロセスの統合プロセス設計、自動化設計、実装プロジェクト、IT資産管理プログラムの運用教育の実績多数。

武内 烈

セッション4:16:15-16:55

トラックA

『IT資産管理を起点とするITトランスフォーメーション』

今日までIT資産管理は「必要だが優先度は低い」課題であり、その取り組みも進んでいなかった。だが昨今の脆弱性等でのセキュリティ強化の必要性に加え、仮想化の普及に伴う管理の複雑化を起因としたライセンス管理等のコンプライアンス・コスト管理強化の必要性の増加や高度に管理を実現する技術の普及等に伴い、その取り組みを加速する組織が増加している。IT資産管理を起点にITサービスマネジメント全体へと拡張し、その効果を最大化するアプローチを紹介する。

- 講演者略歴 -

デロイト トーマツ リスクサービス株式会社 サイバーリスクサービス パートナー 野見山 雅史

大手システムインテグレータ、監査法人系コンサルティング会社を経て2002年に監査法人トーマツに入所。2010年7月よりデロイト トーマツ リスクサービス株式会社のパートナーに就任。
中央省庁、金融、テクノロジー、コンシューマビジネス等の多様な業種・業界に対してITリスクに関するコンサルティング及び監査サービス(サイバーセキュリティ、プライバシ、IT資産管理、IT内部統制等)を多数提供。

野見山 雅史

トラックB

『知らないではすまされない 変わりゆくライセンス形態の管理ポイントについて』

ソフトウェアライセンスの形態は時代とともに変わりつつあります。ライセンス管理運用もその変化に耐えうるようにしなくてはなりません。今回はWindows10のライセンス管理ポイント・クラウド製品調達時の注意点・ユーザライセンスの管理ポイントなどを中心にご紹介いたします。

- 講演者略歴 -

株式会社日立システムズ 産業・流通インフラサービス事業部 第一インフラサービス本部 第一システム部 第五グループ 技師 中村 和子

1991年入社、その後、販売管理・生産管理パッケージの企画・製造・導入・ヘルプデスク等を経験し、2011年よりIT資産管理パッケージの導入時コンサルティング・導入後ヘルプデスク・IT資産管理パッケージを利用したサービス提供の企画等の業務を行っています。

トラックC

『ソフトウェアライセンス最適化(SLO)システムのベースライン構築』
~Microsoft、Oracle、IBM、SAPライセンス管理システムのベースライン構築のポイント~

SLOシステム運用の成否を左右するのは正台帳となる情報を正しくシステムに投入し、自動的に突合ができるシステムを構築すること。マスター契約、保守契約、購入情報、ライセンスエンティティ、使用権、ライセンス割り当てなどライセンス体系や契約書体系の理解なしに、システムへのデータ投入は不可能です。また、ライセンスモデルによる管理メトリクスを理解し、必要となるインベントリ情報を収集することも、既に構築されたインフラが対象だと困難です。計画、設計、必要スキルセットを把握し、戻り工程を最小限に抑えるための段階的な取り組みを解説します。

国際IT資産管理者協会(IAITAM)日本支部長 武内 烈

資格: ITIL Expert 、IAITAM 認定講師 (国際IT資産管理者協会)

IT業界では主に外資系ソフトウェアメーカにおいて約25年間の経験を持つ。
技術的な専門分野は、ネットワークオペレーティングシステム、ハードウェアダイアグノスティック システム、ITマネジメントと幅広い。大手外資系IT企業ではプロダクトマーケティングスペシャリストとして、ITマネジメントの分野で、エンタープライズJavaサーバー(WebLogic、WebSphere)、SAP、Oracle、ESB(Enterprise Service Bus)などからWeb Serviceテクノロジーまでの管理製品を手掛ける。
IT 資産ライフサイクル管理プロセス実装のためのAMDB・CMDB 製品開発プロジェクト、データセンターのCMDB およびワークフローの実装プロジェクト、IT資産管理(クライアント環境) MSP のサービスプロセスの開発・実装プロジェクト(CMS/サービスデスクを含む)、ライセンス管理のためのSAMプロセスおよび自動化テクノロジー (CMS/サービスデスク)の設計・実装プロジェクトなど多数のプロジェクト経験を持つ。
IT資産管理のポリシー、プロセスを、どのように自動化テクノロジーに結び、ITサービス管理戦略やロードマップとの整合性を取りながらIT資産管理プログラムを実行性の高いものにしていくのかのコンサルティングを得意とし、大手組織におけるIT資産管理プロセスとサービス管理プロセスの統合プロセス設計、自動化設計、実装プロジェクト、IT資産管理プログラムの運用教育の実績多数。

武内 烈

17:10-18:00

【パネルディスカッション】『一つのIT環境。一つのマネジメントシステム』

・ますます複雑化するIT環境。ユーザー事業部門がデジタルビジネスを推進するためのサービスを提供するサービスプロバイダとしてのIT部門にとって、サービスを構成する全ての資産をコントロールすることの重要性は火を見るより明らかです。
・構成管理の情報鮮度、精度を上げるためのIT資産管理。ガバナンスの向上、コストの最適化、リスクの軽減などIT資産管理が視野に入れるべき課題は豊富です。特にソフトウェアライセンスは複雑化する環境に伴いライセンスモデルも複雑化し、どのように取り組むべきか、何をどこまでやるべきかは、組織のライセンス契約の条件により異なり、「金太郎飴」の管理にならないのが運用チームの悩みの種となっています。
・パネルディスカッションでは、具体的にどのように取り組むべきなのか、何を、誰が、どのように処理するとソフトウェアライセンスをコントロールし、期待する結果を得ることができるのかを議論します。

- ファシリテーター -

国際IT資産管理者協会(IAITAM)日本支部長 武内 烈

- パネラー -

ウチダスペクトラム株式会社 常務執行役員 ITAMサービスグループ担当 紀平 克哉
フレクセラ・ソフトウェア合同会社 営業部 シニア事業開発マネージャー 西浦 詳二
日本マイクロソフト株式会社 ソフトウェア資産管理推進本部 本部長 手島 伸行

セッションを受講するには、カンファレンスへの参加登録が必要です。

新規参加登録はこちら

PAGE TOP