セッション紹介

セッション詳細

10:00-10:30

【ご挨拶】『Process Process Process 全体最適化実現のためのIT資産管理業務プロセスとテクノロジー』

- 講演者略歴 -

国際IT資産管理者協会(IAITAM)日本支部長 武内 烈

資格: ITIL Expert 、IAITAM 認定講師 (国際IT資産管理者協会)

IT業界では主に外資系ソフトウェアメーカにおいて約25年間の経験を持つ。
技術的な専門分野は、ネットワークオペレーティングシステム、ハードウェアダイアグノスティック システム、ITマネジメントと幅広い。大手外資系IT企業ではプロダクトマーケティングスペシャリストとして、ITマネジメントの分野で、エンタープライズJavaサーバー(WebLogic、WebSphere)、SAP、Oracle、ESB(Enterprise Service Bus)などからWeb Serviceテクノロジーまでの管理製品を手掛ける。
IT 資産ライフサイクル管理プロセス実装のためのAMDB・CMDB 製品開発プロジェクト、データセンターのCMDB およびワークフローの実装プロジェクト、IT資産管理(クライアント環境) MSP のサービスプロセスの開発・実装プロジェクト(CMS/サービスデスクを含む)、ライセンス管理のためのSAMプロセスおよび自動化テクノロジー (CMS/サービスデスク)の設計・実装プロジェクトなど多数のプロジェクト経験を持つ。
IT資産管理のポリシー、プロセスを、どのように自動化テクノロジーに結び、ITサービス管理戦略やロードマップとの整合性を取りながらIT資産管理プログラムを実行性の高いものにしていくのかのコンサルティングを得意とし、大手組織におけるIT資産管理プロセスとサービス管理プロセスの統合プロセス設計、自動化設計、実装プロジェクト、IT資産管理プログラムの運用教育の実績多数。

武内 烈

 

10:30-11:15

【基調講演】『サービスマネジメントとIT資産管理』

現在、ビジネスの更なるグローバル化や多様化により、ITはもはや従来のコストセンターではなく、ビジネスの一部として、より優れた価値を提供する事が求められています。
こうした潮流を踏まえ、現在多くの企業で、より優れたサービスマネジメントの実現を目標としたIT変革が推進されています。
その中で、特に財務効果を取り組み指標の一つとして掲げる企業も多く、IT資産管理が重要な役割を担っております。
本セッションでは、実際の変革事例も交え、サービスマネジメントとIT資産管理の関係性と取り組み効果についてご紹介いたします。

- 講演者略歴 -

特定非営利活動法人 itSMF Japan 理事 伊藤 清

グローバルの情報システム部門にて、国内外の様々なプロジェクトや運用など、ITに関する各種取り組みを経験した後、アウトソーシングやコンサルティング、ソリューションビジネス開発やグローバルビジネスの立ち上げと運営といったビジネスマネジメントを経て、現在、日本を含むアジアパシフィック地域の企業に対するITトランスフォーメーション戦略アドバイザー、並びに、itSMF Japan理事を担当。

伊藤 清

11:15-12:00

【特別講演】『全体最適化に不可欠なグローバル契約統合』
〜コンプライアンス、コスト削減、ライセンス最適化を実現するGWLA とは何か〜

欧米市場では大手組織が、Global Wide License Agreement (グローバル契約統合)を進めている。
その背景には、ライセンス契約統合による組織全体の最適化を、様々な観点から実現しなければならないという課題への取り組みがある。
ライセンス監査対応は、契約という企業にとっての基礎的なコンプライアンス対応であり、分散する契約はリスクを上昇させ、コストの最適化の妨げになっている。
本講演では、契約統合のロードマップと成功のポイントを先進事例を交えて解説する。

- 講演者略歴 -

ウチダスペクトラム株式会社 グローバルオペレーションチーム担当 常務執行役員 岡田 恭介

日本の大手企業のグローバル契約統合や集中購買スキームの企画立案、導入、運用支援に携わり、多数のグローバル契約統合を成功に導く実績と経験を有する。
グローバルでのソフトウェア調達から運用、管理までのソフトウェア調達業務支援に多くの実績を持つ当分野の実務責任者。

岡田 恭介

セッション1:13:30-14:10

トラックA

『間違いだらけのインベントリ収集』
〜ライセンス最適化、コンプライアンス、コスト削減の為に何をするべきか?〜

インベントリ・エージェントは多々あるが、使い切れていないケースが多い。
最大の原因は、明確な目的と設計が無いと言うことだ。必要なのは、契約、発注などIT資産管理業務システムの情報と、現状を示すインベントリ情報との突合だ。
また、最適化や自動化の成熟度を上げるためには、メータリングや配布との連携などが求められる。
本講演では、これからインベントリ・エージェントを再設計するための成功の鍵となるポイントをご紹介する。

- 講演者略歴 -

日本マイクロソフト株式会社 ソフトウェア資産管理ソリューショングループ SAMエンゲージメントマネージャー 池本 明央

日本マイクロソフト社にて企業における国内外SAMフレームワーク構築、ライセンスコンプライアンスリスク最小化のコンサルティングに携わる。主にグローバル企業におけるITガバナンス強化施策、ITサービスモデルの再構築、ライセンス調達の最適化を多数経験。クラウドサービスモデル時代に求められるSAMの実現に向け、新たな管理手法の数々をライセンサーとしても提言中。国際IT資産管理者協会認定ソフトウェア資産管理者

池本 明央

- 講演者略歴 -

ウチダスペクトラム株式会社 ソリューショングループ担当 常務執行役員 紀平 克哉

NPOソフトウェア資産管理コンソーシアム(SAMCon)、一般社団法人 ソフトウェア資産管理評価認定協会(SAMAC)、一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)ソフトウェア資産管理評価検討委員会などのソフトウェア管理に関する関連団体でも活動、大手企業のソフトウェア調達から管理までのソフトウェア資産管理業務支援に多くの実績を持つ当分野におけるリーデイングカンパニーの実務責任者。

紀平 克哉

トラックB

『クラウド活用を推進するうえで取り組むべき、オンプレミスとクラウド混在環境での
コンプライアンスリスクへの対応とソフトウェア資産管理』

クラウドは、サービスとして優れた点を有するのみならず、コンプライアンスリスクを減少させる上でも有益である。
しかし、クラウド移行に際して、オンプレミスとクラウド混在環境でのソフトウェア資産管理(SAM)が課題となる。また、SAMは、グローバルに関係会社に対しても同様に実施していく必要がある。
本講演ではオンプレミス・クラウド混在環境におけるSAMに関する課題・リスクと効果的なSAMについて解説する。

- 講演者略歴 -

BSA | The Software Alliance 弁護士 日本担当コンサルタント 水越 尚子

一橋大学法学部卒業。1995年弁護士登録。
日・米(カリフォルニア州)の弁護士資格を有し、オートデスク株式会社、マイクロソフト株式会社などのIT企業での社内弁護士、TMI総合法律事務所を経て2010年3月エンデバー法律事務所を開設。情報通信、知的財産権、国際取引を専門に、企業法務に関するアドバイスを行う。
1999年より、BSA | The Software Alliance の日本担当コンサルタントとして、同団体の政策提言を担当。

水越 尚子

トラックC

『グローバルガバナンスとIT資産管理(ITAM)』

IT資産管理(ITAM)は、ITサービスの提供とコスト管理の両方にインパクトを与える重要な要素となっています。 しかしながら、効果的なグローバルレベルでのITAMの導入は難しいのが現状です。その理由として、日本の組織では、海外の子会社に対するガバナンスが十分で無いためです。このことは、ITAMの観点から過大・過少なライセンス所持による不必要な支出やコンプライアンス違反といった結果をもたらすだけではなく、サイバーセキュリティ対策の均一化、グローバルレベルでのIT戦略の立案等にも影響を及ぼす可能性があります。
本セッションでは、グローバルレベルでのITAMへの対応が求められており、ITAMプロセスの改変に直面している日本企業に、有益な情報を提供します。

- 講演者略歴 -

PwC あらた監査法人 システム・プロセス・アシュアランス部 パートナー 岸 泰弘

ロンドン大学LSE(政治経済学院)情報システム修士課程終了。システム監査及びITガバナンス、システムリスク管理、オペレーショナルリスク管理、セキュリティ管理に関するコンサルティングを多数経験。
ISACA東京支部元事務局長。情報処理技術者試験委員。日本セキュリティ監査協会(JASA)理事。経産省、総務省のクラウドセキュリティ関連の委員を歴任。CISA(公認情報システム監査人)。CAIS(公認情報セキュリティ主席監査人)。元ISMS主任審査員。編著書「内部統制とSOX法」。共同執筆「情報資産とセキュリティ管理」。

岸 泰弘

セッション2:14:25-15:05

トラックA

『ライフサイクル管理プロセスと自動化のポイント』
〜ツールによる自動化は、自動化する対象のプロセスを設計することから始まる〜

管理ツールの機能に頼ろうとしてしまうのが今までの運用だった。しかし、IT資産のライフサイクルを管理しようとすると、それでは成功しないことがわかった。
成功を左右するのは、IT資産管理の業務プロセスを理解し、設計し、自動化するための「業務システム」を構築することだ。
本講演では、クライアントからデータセンターまでのライセンス資産を最適化するための業務プロセスと、その自動化テクノロジーの重要なポイントを紹介する。

- 講演者略歴 -

フレクセラ・ソフトウェア合同会社 営業部 日本営業担当 スクワィヤーズ・コートニー

2004-2012年、日本メーカを中心に、日本とオーストラリア企業にて営業推進担当。海外調達改良、M&A、新規事業などを現場で経験。2012年から日本大手企業のライセンス最適化取り組みをサポート。現在はフレクセラ・ソフトウェアにて日本カントリーマネジャとして従事。

スクワィヤーズ・コートニー

- 講演者略歴 -

フレクセラ・ソフトウェア合同会社 シニアコンサルタント 寺島 富幸

金融系会社IT部門および外資系コンピューターメーカーにおいてビジネスインテリジェンスソフトウェアのコンサルタントを経験し、2013年フレクセラソフトウェアジャパンに入社。主にSAPライセンスのソリューションを担当し、日本、香港、ベルギー、南アフリカ、北米でのプロジェクトに参加。

寺島 富幸

- 講演者略歴 -

ウチダスペクトラム株式会社 ソリューショングループ担当 常務執行役員 紀平 克哉

NPOソフトウェア資産管理コンソーシアム(SAMCon)、一般社団法人 ソフトウェア資産管理評価認定協会(SAMAC)、一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)ソフトウェア資産管理評価検討委員会などのソフトウェア管理に関する関連団体でも活動、大手企業のソフトウェア調達から管理までのソフトウェア資産管理業務支援に多くの実績を持つ当分野におけるリーデイングカンパニーの実務責任者。

紀平 克哉

トラックB

【事例紹介】『ホールディングス企業が実践するIT統制と資産管理』
~グループ統制とライフサイクルマネジメントの実践~

ホールディングス企業として、グループ全体のIT統制を行い、ITが起因するコンプライアンス及びセキュリティ対策を行う必要があります。また、ITに係わるコストの最適化も重要なファクターです。ホールディングス化以前の事業会社が個々に管理していた「分散管理」から「統合管理」に向けて、どのようにプロセスを再構築したのか、また、プロセス構築にスタートした実際の運用部分で発生した新たな課題に対して、どのように対処したのか、などの実例をご紹介します。

- 講演者略歴 -

KNT-CT ホールディングス株式会社 経営戦略統括部 小野 睦

1990年 近畿日本ツーリスト株式会社入社 旅行予約システムの導入企画やデータ管理を手始めに、旅行ECサイトや社内イントラサイトの構築等IT関連業務を経験。2007年からは、本社経営企画部に移り、基幹システムのオープン化や内部統制に関する業務などに携わる。2013年 KNT-CTホールディングス設立後は、同社経営戦略統括部にてグループ全社のITの導入企画や管理、統制等の業務を担当。

小野 睦

 

トラックC

『クラウド導入によるビジネス競争力の強化と組織変革』
~クラウド導入によってIT部門・管理部門・従業員はどう変わるべきか~

クラウドの浸透は、ビジネスのスピード対応やITサービスといった競争力の強化だけでなく組織、スタッフに対しても大きな影響を与えています。とりわけ、IT部門に求められるIT資産・クラウド契約の管理要件、IT資産・ITサービスを利用する管理部門や従業員に求められるITポリシー、ルールも大きく変わりつつあります。これらの事象をどのように捉え、対応していくべきかをゲストと共に考えてまいります。

<ゲストスピーカー>
新日本有限責任監査法人 プリンシパル 佐々木 惠美子

- 講演者略歴 -

株式会社アエルプランニング 代表取締役 甲田 展子

1982年(株)キユーピーに入社。
その後、NECのセールスエンジニア、ソフトメーカーのマーケティング・企画職を経て、1992年 有限会社アエルプランニングを設立 代表取締役となる。1996年、株式会社化。インターネットビジネスを早期から予測し、それに取り組み、ITアウトソーシングの立ち上げ、ITサービスコンサルティング、IT資産管理コンサルティングを数多くてがける。
主な著作に「クラウド時代のIT資産管理」「IT資産管理のコツ」がある。

甲田 展子

- ゲストスピーカー略歴 -

新日本有限責任監査法人 プリンシパル 佐々木 惠美子

2003年新日本有限責任監査法人に入所。大手都市銀行、大手監査法人を経て、現在に至る。
大手都市銀行では主に勘定系システム及びチャネル系システムの企画・開発を担当。新技術の評価・導入検討、システム統合プロジェクトにおける要件定義、設計、プロジェクト管理全般を実施、業務・IT双方に幅広い視野を持つ。
監査法人入所後は、大手生命保険会社・損害保険会社・銀行・証券会社の法定監査にかかるIT統制評価、SOX導入支援業務を多数実施。 その他、内部監査支援業務、金融検査マニュアル(金融庁)やシステム監査指針(FISC)等のベンチマークを用いたシステム監査経験を多く有する。現在は、金融アドバイザリー部ITRAリーダー。
公認情報システム監査人(CISA)、システム監査技術者(METI)、早稲田大学大学院 会計研究科 講師

佐々木 惠美子

セッション3:15:20-16:00

トラックA

『ソフトウェア資産管理を進める上で直面する課題』

ソフトウェア資産管理を進めていくうえで直面する課題とその対処方法など
ソフトウェアベンダーからのライセンス監査をきっかけとしたソフトウェア資産管理の導入時の課題やその際のツールの選定時におけるポイントや、ソフトウェア辞書の活用など

- 講演者略歴 -

株式会社ディー・オー・エス カスタマーサービス事業部 SAMコンサルサービス課 嶋野 至剛

2012年よりソフトウェア辞書の構築に着手、約4万件のソフトウェア辞書データを作成(現在8万5千件)
2013年にSAMACが認定する公認SAMコンサルタントとなる。
現在、医療系施設を中心にソフトウェア資産管理のコンサルティング及び構築支援、ソフトウェア資産管理の成熟度評価に従事

嶋野 至剛

トラックB

『なぜ「適切なIT資産管理」の維持は難しいのか。』〜基礎となる資産識別と自動化のポイント〜

「IT資産管理」と言うと、ソフトウェア(SAM)管理が一番に頭に浮かぶことが多いかもしれません。しかし実際はハードウェアが存在し、その上にソフトウェアがインストールされ利用されています。ネットワークにつながっていない等、企業内には「把握できていないIT資産」が少なからず存在します。これらをどうやって把握し、どのように管理すれば良いのか?これが、適切なIT資産管理を維持するポイントです。
弊社の事例の中から、自社の状況に基づいた現実的なプロセス設計により、管理フローを自動化して、適切に管理しておられる企業の事例を紹介しながら、ハードウェアを含めたIT資産管理のポイントを解説します。

- 講演者略歴 -

ダイヤモンドレンタルシステム株式会社 ソリューション営業室 甲斐 佳子

資格:CSAM(認定ソフトウェア資産管理者)、CHAMP(認定ハードウェア資産管理者)
2003年 ダイヤモンドレンタルシステム株式会社入社。IT資産の棚卸から運用支援まで、お客様へのIT資産管理のアウトソーシングサービスを提供。
2009年からそれまでの経験、知識を活かし、お客様のIT資産管理に係る現状分析から改善施策の策定までを行うコンサルティングサービスを開始、保有機器数40,000台規模のお客様から数百台規模のお客様まで幅広い実績を保有。
お客様の現状を的確に把握し、企業規模、予算等お客様の体力に合わせて段階的に実現可能なIT資産管理体制の構築を支援しています。

甲斐 佳子

トラックC

『IT資産管理の失敗事例から考える成功要因』

デロイトトーマツではライセンサーからの依頼に基づくライセンス監査業務や、ライセンシー向けのコンサルティング業務を通じて、数多くの組織におけるIT資産管理の実態に触れているが、IT資産管理が上手く機能しているケースは非常に限られている。つまり多くの組織においてIT資産管理は「失敗」しているといえる。本講演ではこれらの失敗事例を踏まえて、IT資産管理の成功要因を特に戦略、ガバナンスの視点から考察する。

- 講演者略歴 -

デロイト トーマツ リスクサービス株式会社 サイバーリスクサービス パートナー 野見山 雅史

大手システムインテグレータ、監査法人系コンサルティング会社を経て2002年に監査法人トーマツに入所。2010年7月よりデロイト トーマツ リスクサービス株式会社のパートナーに就任。 中央省庁、金融機関をはじめとする多様な業種・業界に対して主にITリスクに関するコンサルティング及び監査サービス(PCIDSS、IT内部統制、電子認証局、個人情報保護等)を多数提供。

野見山 雅史

セッション4:16:15-16:55

トラックA

『ソフトウェア管理運用の効率化について考える』~使用許諾条件、利用規約の効率的な管理方法論とは~

ソフトウェアライセンスの管理状況の把握について効率化を考える場合、使用許諾条件(契約)どおりに利用されているかを監視し、利用されていない場合は是正・改善する運用を自動化もしくは属人性を低くするような方法を考える必要があります。その場合、ベンダーからの購買方法やソフトウェアライセンスの管理体制の検討、ベンダーから提供されたソフトウェア使用許諾条件(契約)のライブラリ化(=ソフトウェア辞書)の検討、ソフトウェア辞書と購入情報および利用情報との紐つけ方法の検討などをする必要があります。
当講演では、ソフトウェアライセンス管理運用の効率化を考える上で検討するべき事項についてご説明いたします。

- 講演者 -

株式会社 日立システムズ 産業・流通営業統括本部 第5営業本部 第2営業部 第1グループ 藤澤 慶一

トラックB

【事例紹介】『院内PCとソフトウェアライセンス管理体制の構築』

某国立病院様における、ソフトウェアライセンス調査対応を支援したユーザー事例のご紹介となります。医師や看護師、研究者などの多職種が同居する組織内には、病院所有、個人所有の数千台のパソコン及びソフトウェアライセンスが存在しています。そこで本講演では院内に展開する上で直面した課題を交えながら管理体制の構築についてご紹介いたします。

- 講演者略歴 -

クオリティソフト株式会社 技術本部 プロフェッショナルサービス部 副部長 関 哲也

1996年に入社。当時は会社の規模も今とは異なっていましたが若手社員にもどんどん活躍の場を与えてくれる社風でとても風通しの良い会社です。私自身は、20代半ばに入社して情報システム部門から始まり、企画部門で製品の企画開発業務に携わってきました。また、その後は営業部門でセールスSEを行いながら、海外ビジネスの立ち上げなど多岐にわたる業務をおこなっています。2014年10月よりプロフェッショナルサービス部門が新規に立ち上がりこれまでの経験から得られたナレッジを活かしてお客さまへ還元できるようサービスメニューの企画・商品化を進めております。

関 哲也

トラックC

『クラウド時代のIT資産管理』~IT資産管理とクラウド基盤、何をどこまで管理すべきか~

クラウドの登場により、IT資産管理がオンプレミス(自己保有資産)の時代から、クラウド契約管理を企業として統合管理することが求められる時代がやってきました。IT基盤はハイブリッド環境へ移行し、ますます複雑化・シャドーIT化している今、IT資産管理として、クラウドをどう位置づけどこまで何を管理すべきか現場事例の紹介や留意すべきポイントをゲストと共に解説してまいります。
当講演は、過去開催したIT資産管理研究会の実施したコンテンツをダイジェストして提供します。

<ゲストスピーカー>
日本アイ・ビー・エム株式会社 クラウド事業 クラウド・テクニカル・サービス 諸富 聡

- 講演者略歴 -

株式会社アエルプランニング 代表取締役 甲田 展子

1982年(株)キユーピーに入社。
その後、NECのセールスエンジニア、ソフトメーカーのマーケティング・企画職を経て、1992年 有限会社アエルプランニングを設立 代表取締役となる。1996年、株式会社化。インターネットビジネスを早期から予測し、それに取り組み、ITアウトソーシングの立ち上げ、ITサービスコンサルティング、IT資産管理コンサルティングを数多くてがける。
主な著作に「クラウド時代のIT資産管理」「IT資産管理のコツ」がある。

甲田 展子

- ゲストスピーカー略歴 -

日本アイ・ビー・エム株式会社 クラウド事業 クラウド・テクニカル・サービス 諸富 聡

1993年日本IBM入社。2003年よりアーキテクトとして中央省庁、製造業のお客様を中心に担当し、連携基盤システム、統合運用管理システムなどITインフラの設計および構築を幅広く経験。現在はクラウド事業にてクラウド・ソリューションのテクニカル・セールスを担当。

諸富 聡

17:10-18:00

【パネルディスカッション】『Process Process Process』

- パネリスト-

特定非営利活動法人 itSMF Japan 理事 伊藤 清
ウチダスペクトラム株式会社 ソリューショングループ担当 常務執行役員 紀平 克哉
デロイト トーマツ リスクサービス株式会社 サイバーリスクサービス パートナー 野見山 雅史
国際IT資産管理者協会(IAITAM) 日本支部長 武内 烈

- 司会-

株式会社アエルプランニング 代表取締役 甲田 展子

セッションを受講するには、カンファレンスへの参加登録が必要です。

参加登録済みの方はこちら

新規参加登録はこちら

PAGE TOP